家庭用脱毛器のVIO処理のコツを教えます

脱毛VIO 家庭用美容器

最近は、脱毛サロンに行くより、家庭用脱毛器をする人が増えてきましたよね。

世の中がコロナ過でアレなんでサロンへ足が遠のくし、そもそもVIO処理は、たとえ専門のスタッフさんでも恥ずかしいじゃないですか?

自分でできるならば、自分でやりたいですよね。VIOの処理をすると、ビキニラインから毛がはみ出しすることもなくなるし、ムレを防止して変な臭いもケアできます。
快適さが全然違うと思います。

本記事では、VIO脱毛のコツを分かりやすく解説します。
また、最後に、VIO処理おすすめの家庭用脱毛器も紹介します。

家庭用脱毛器を使って、自分でVIO脱毛をするコツ

VIO処理

最初にVIO脱毛のポイントです。

  • 光脱毛器の出力は、低レベルから始める。
  • 処理した後は、必ず保湿する。
  • IラインやOラインの処理では、ショーツをはく。

どれも大事なので、しっかり理解しましょう。

光脱毛器の出力は、低レベルから始める

家庭用脱毛器の出力はレベル1から始めます。
VIOは他の部位と比較すると、敏感で痛みを感じやすいので、慎重になるぐらいがちょうど良いです。ちょっと温かみを感じる程度ですね。

できればVIOに直接当てる前に、腕の内側など皮膚の柔らかいところで事前に照射テストをしましょう。

処理した後は、必ず保湿する

脱毛処理した後、必ず保湿クリームなどで保湿してください。VIOは、しつこいくらいに書きますが、とてもデリケートな部位。保湿を怠ると、乾燥してお肌トラブルを引き起こします。

保湿するだけで、ちくちくしたり痒くなったりすることが防げますよ。

なお、保湿クリームは、低刺激のものを使用しましょうね。

IラインやOラインの処理では、ショーツをはく

IラインやOラインの粘膜は、家庭用脱毛器で照射してはいけません。当然、あなたも分かっていますよね。

でも、どうしたら良いか分からないが本音ではないでしょうか。
IラインやOラインの処理をする場合は、白系のショーツをはきます。

光脱毛は、毛根の黒い色素に反応します。だから反応しないように白っぽい布で粘膜をカバーしながらケアするのです。

家庭用脱毛器のVIO脱毛のやり方を具体的に!

次に、家庭用脱毛器のVIO脱毛のやり方をVライン、Iライン、Oライン別に具体的に解説したいと思います。

前処理も重要です。

前処理

VIO処理をする際には、実際に家庭用脱毛器で照射する前にムダ毛の処理が必要。脱毛サロンやクリニックも同じですね。

もし剃毛していないと、光が反応し過ぎてしまい火傷などの原因となるからです。また、毛が邪魔して毛根に熱が伝達しないため、十分な脱毛効果が得られないのです。

処理の方法ですが、電気シェーバーで剃るのが一般的ですね。
場合によっては、ハサミやヒートカッターを使うのも有効。電気シェーバーを使う前にハサミやヒートーカッターでカットすることで、引っ掛かりを防いでシェーバーが通りやすくします。

ちなみに形をキレイに残したい場合はヒートカッターの方が良いでしょう。
手の断面が丸まってチクチクしません。

電気シェーバーは、家庭用脱毛器に付属されていればそれを使ってください。付属されていない場合は、購入しましょう。顔用の電気シェーバーを使ってもOK。

顔用はお肌に優しいです。ただ、顔に使うものをVIOに使うのは、衛生上好ましくないので、あまりおすすめできません。

剃毛処理が終わったら、お肌への負荷を軽くするため、脱毛する部位を冷やしましょうね。

冷却をしていないと、お肌が痛くなる恐れがあります(やり方は、脱毛器によります。冷却機能があるものもありますし、保冷剤を使うこともあります。取扱説明書に良く読んでください)。

Vラインの処理

Vライン

Vラインの処理方法は以下の通りです。

  1. Vラインのデザインは、処理前に決めておきましょう。ナチュラル(自然形)だけでなく、トライアングル(三角形)やオーバー(楕円形)などがあります。
  2. 照射レベルを、最初レベル1(もっとも小さい値)にします。必要に応じて上げていきますが、ちょっとでも痛みを感じたら、元のレベルに戻しましょう。
  3. 足を開きます。
  4. 目視しながら、脱毛器の照射面を垂直に当てて照射します。この際、ほくろやシミがないところは避けてください。脱毛器を持っていない手で皮膚を少し伸ばすと、ムラなく処理できます。
  5. おへそ側から下に向かって照射します。光が重ならないように少しずつズラしていくのがコツ。

Iラインの処理

Iライン

Iラインの処理方法は以下の通りです。

  1. 粘膜を照射しないように、白色のショーツをはきます。白色のショーツは、Tバック状態にして使います。
  2. できれば鏡を置いて照射する部分が見えるようにします。体が柔らかい人は、無くても構いません。
  3. 処理しやすいように、椅子を用意し、片足をのせて膝を立てます。
  4. Vラインと同じように、照射レベルを最初レベル1(もっとも小さい値)にします。
  5. 粘膜を白色のショーツで保護して照射していきます。
  6. Iラインを色素沈着がある部分で痛みがある場合、照射レベルは絶対に一気に上げないように注意します。

Oラインの処理

Oライン

Oラインの処理方法は以下の通りです。

  1. 白色のショーツをはきます。
  2. 鏡を用意し、鏡をまたいでしゃがみ込むような姿勢になります。
  3. 出力レベル1から照射します。粘膜部分をショーツで隠しながら、鏡で確認して脱毛器で慎重に照射していきます。
  4. あまりにも痛みを感じる場合は、その部位は避けた方が賢明です。

家庭用脱毛器のVIOケアの使用頻度と期間

家庭用脱毛器でVIO脱毛する際の使用頻度は、基本は2週間に1回です。人によっては週に1回でも良い場合もあります。

しかし、脱毛処理してお肌が荒れたり、痛みがあったりしたときは、無理をしないでお肌を休ませる柔軟性が大事です。

焦って強引に処理するのは、失敗のもとなのでお肌と相談しながら続けましょう。
毛が生えてくるスピードが遅くなってきたら、使用頻度を1ヶ月ごとなど伸ばしてもOK。

次に使用期間ですが、個人差があります。早いでも、3~4回ぐらい見ておいた方が良いでしょう。

VIOにおすすめの家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は、いろいろな種類があります。では、どういった脱毛器がVIO処理に向いているのでしょうか?

  • VIOラインに使用できるもの。当たり前ですが、VIOライン対応のものを使いましょう。
  • 出力レベルが調整できるもの。VIOは痛みを感じやすい部位です。レベルを細かく調節できるものが最適でしょう。
  • 細かい部位を照射できるもの。操作性の過ぎれたものを選びましょう。
  • カートリッジ交換式。家族と共有する場合は、特に必要。誰かがVIOで使ったものを使うのは避けたい。

光エステ脱毛器 LAVIE

LAVIE

<画像出典:公式サイト>

脱毛方式フラッシュ式
カートリッジ交換可能
出力レベル7段階
照射面積30mm×20mm=6cm2
カラー1色
美顔器可能(カートリッジ別売)
冷却アイスパック※付属
保証2年
価格49,800円(税込54,780円)

VIOにもしっかり対応脱毛器です。
7段階の出力レベルで、デリケートなVIOの処理もらくちん。
なんといっても、新設計のハンドピースが特徴です。手にしっかり馴染んで疲れません。

49,800円(税込54,780円)

日本製というのも嬉しいですね。

光エステ脱毛器 LAVIEの公式サイトはこちらへ

脱毛ラボ ホームエディション

脱毛ラボ ホームエディション

<画像出典:Amazon>

脱毛方式フラッシュ式
カートリッジ交換不可
出力レベル5段階
照射面積4.8㎝2
カラー2色
美顔器美顔機能として可能
冷却冷却クーリング機能付(保冷剤不要)
保証1年
価格64,980円(税込71,478円)

脱毛サロンと同じ10ジュールの業務用パワーで、VIOラインの脱毛もOK。
冷却機能がついているのが大きなメリットです。保冷剤やジェルが要りません。

脱毛ラボホームエディションの公式サイトはこちらへ

ケノン(KE-NON)

ケノン

<画像出典:公式サイト>

脱毛方式フラッシュ式
カートリッジ交換可能
出力レベル10段階
照射面積7.0cm2
カラー4色
美顔器可能
冷却クーリングパック(保冷剤)※付属
保証1年(レビュー投稿で+1年)
メーカー希望価格98,000円
価格69,800円(税込)

男性のヒゲにも対応しているため、太い毛もOK。お肌に優しい日本製の脱毛器なので、安心して使用できます。VIOは、Vラインは問題ありませんが、IラインとOラインは推奨されていません(取扱説明書に明記済)。ただし、口コミを見ると、IやOの処理でも使っている人も少なくなく自己責任になります。

カートリッジ交換ができるのも大きいですね。アンダーの処理と他の部位でカートリッジを使い分けることもできます。

絶賛レビュー11万件突破!だから選ばれてる脱毛器ケノン

まとめ

家庭用脱毛器を使ったVIO処理はコツさえ知っていれば、そんなに難しくありません。

  • IラインやOラインの脱毛処理では、白色のショーツをはく。粘膜を照射しないように注意する。
  • 出力レベルはいきなり高くしない。低いレベルが少しずつ上げていく。
  • 処理後は、必ず保湿する。
タイトルとURLをコピーしました